パナソニック・ホームパナソニックの店トップ > お客さまと店の間に“それぞれの物語” > 被災した街のでんき屋さんの話(古内電器商会)

震災を体験してますます、街のでんき屋の使命を実感してるんです。
被災した街の方々に、少しでも明るい気持ちになれるひとときを。

うちの店では、「素敵なお食事会」「素敵なフラワーアレンジメント教室」
「素敵なクラフト教室」「素敵な折り紙教室」「素敵なパンづくり教室」
など、街のみなさまが気軽に集える、いろいろな女子会を開いています。
そもそもこういう会を開こうと思い立ったのは、東日本大震災があったから。
津波はうちの店の寸前まで押し寄せ、いまなお多くの方々が行き場の
見えない状況で暮らしていらっしゃいます。そんな毎日のなかで、
何か明るい気持ちになっていただけるようなことができたら…。そう思い、
震災から一年ほどたったときから、うちの店でいろいろな集いを催すことに
したんです。「古内電器に行けば、みんなとおしゃべりしたり、ちょっと楽しい
ひとときを過ごせる」と、街のみなさまに喜んでいただけたらうれしいです。

ささいなことでも、いえ、ささいなことだからこそ。

あの震災を体験して私たちは、街のでんき屋の使命というようなものを、
ますます強く実感するようになりました。震災当時も、お洗濯にお困りの
方々のために数台の洗濯機を自由にお使いいただくような協力を
させていただきましたが、街の方々のお困りごとには全力でサポートしたい。
うちのお客さまには、おひとりになられたお年寄りも大勢いらしゃいます。
新しい洗濯機の使い方がなかなか覚えられない方には、洗濯機に
番号をふって、使い方の手順を示してあげる。冷蔵庫を買い替え
られたら、野菜室と冷凍室を間違えないようシールを貼る。エアコンの
冷房と暖房の切り替え時期には、お宅を訪ねてリモコンのセットを
し直す。また、“国民ソケット”のような、いまではほとんど使われ
なくなった商品も、納屋が多いこの地域のお客さまが必要とする
限りは切らさないようにしておく。ささいなことかもしれませんが、
ささいなことだからこそ、街のでんき屋がやらなければと思うんです。

これからも、街のお一人お一人に寄り添っていきたい。

街のでんき屋というのは、地元の方々と共にあってこそ。この店も
大船渡で創業して半世紀以上たちました。私たちは二代目
なんですが、息子たちも三代目として継いでくれます。この
大船渡という街で、これからも地元の方々の日常を身近に見守り
ながら、お一人お一人に寄り添ってお役に立っていきたい。
震災は辛すぎることではあるけれど、そんな思いをますます
強いものにしました。いま、うちの店がどこまでできているか
わかりませんが、そういう店であるよう努めていきたいと思っています。

パナソニックキッズスクール×東北のパナソニックの店

お店の情報

店名 (有)古内電器商会 店舗詳細へ
電話 0192-27-8181
住所 〒022-0003 岩手県大船渡市盛町字木町6-7
※ここでご紹介したサービスは、その店独自のものです。すべての店で行われているものではありません。
  • ニッポンの明かりのような店 街を元気にプロジェクト著 PHP研究所出版
  • パナソニックの店のうたができました!
  • 街の元気屋さん 街を元気にプロジェクト著 PHP研究所出版

一覧へ戻る