パナソニック・ホームパナソニックの店トップ > お客さまと店の間に“それぞれの物語” > 親子三代、故郷と歩む話(SELA おおひなた)

冬は雪に閉ざされる町ですが、お客さまとの絆はあついですね。

「買っていただいた後こそ、私たちの仕事が始まると思っています。」大日向健悟(二代目)

うちの店があるのは、米どころ秋田の羽後町。いまの季節は青あおと水田が広がっていますが、
冬になれば3メートルも雪が積もる豪雪地帯です。私は、生まれも育ちも、ずっとこの町。
父母が創業したでんきやを、二代目として継いでいます。
三代目となるはずの息子の巧伍も、この町で生まれ育ちました。
ご多分にもれず、この地域も人が少なくなり、高齢化も進んでいますが、
お客さまとの絆はかえって深まっているかも…。今日は息子と一緒に、古くからのお客さまである
佐々木さんのお宅に伺いました。佐々木さんにはつい先日、ロボット掃除機「ルーロ」を
ご購入していただいたばかりでして。お使いになってみて、何かわからない点などないか、
お尋ねにあがったんです。まあ「ルーロ」は使い方が難しいような商品ではありませんが、
家電によっては実際に使ってみると、わからないことがいろいろ出てくるもの。
ですから、ご購入後しばらくして、こうしてお伺いしているんです。
佐々木さんのお宅はペットのワンちゃんを室内で飼っていらっしゃるのですが、
ワンちゃんの毛もきれいに掃除してくれると喜んでくださいました。
そんなことを私と話している間に、息子はエアコンのフィルターを点検。
キッチンの近くに設置されたエアコンは油汚れがつきやすいので、お客さまに代わって、
こまめに点検し、お掃除するようにしています。エアコンにしろ洗濯機にしろ、
長年にわたって快調に働くようメンテナンスするのは、私たちの役目。
買っていただいた後こそ大事だと、息子にも言い聞かせています。

「修理は目で覚えろ。お客さまのお困りごとには飛んで行け。」大日向良一(創業者)

私がこの店を創業したのは、昭和30年代。電化時代の幕開けとともに、でんきやを仕事にしました。もともとモノづくりが好きで、真空管ラジオの組み立てなどをしていましたので、
修理にはちょっと自信があります。いまはデジタル時代になって、
テレビなども基盤がセットされたシンプルな構造になっていますが、
それまでは部品点数も多く複雑で、とにかくプロとして、修理の腕が問われましたね。
息子には、「ワシの修理を見て、目で覚えろ、技術を盗め」と厳しく言ったもんです。
だけど、でんきやというのは、腕だけではダメですな。お客さまの気持ちに立って、
家族のように親身にお世話させていただく、という気持ちがいちばん大事。
モノだけでは商売できません。お客さまからお困りのお電話があれば、
すぐ駆けつけるということを徹底してきました。

「僕らのような若いパワーが故郷に戻りつつあります。」大日向巧伍(三代目)

このあたりはスローライフというんですかね、都会に比べればノンビリしていると思います。
お客さまもおおらかで、「留守するんだけど、勝手に入って、エアコンつけといて。
冷蔵庫にジュースあるから、飲んでちょうだいね」なんて、おっしゃるんです。
そういえば、あるお客さまからは電話があって、
「大変、鍋を火にかけたまま出てきちゃったみたい。ひとっ走りウチに行って、見てきてー。カギはあそこに置いてあるから」なんて頼まれたこともあります。
今日お伺いした佐々木さんも、孫のように可愛がってくださって、
なんと恋愛のアドバイスなんかもしてくれるんです。もう、茶飲み友達ですね。
僕と親父は同じ小学校で、親父の同級生は23人、僕の同級生は18人。子どもが減ってきて、
ついに母校も廃校になってしまいました。同級生はみな兄弟みたいなもの。都会に出て行った
同級生もいるんですが、近年また戻って来る人も増えています。僕は実はレーサーに
なりたかったほどクルマが好きで、筑波までレースを楽しみに行ったりしていますが、
故郷を離れる気はありません。まだまだ若造ですが、おじいちゃん、親父の背中を見ながら、
この町の快適な暮らしを、僕が支えていきたいですね。

「親切じゃないと、田舎の人は買わないの。」佐々木様

私たち正直なの。ちゃんと面倒みてくれる、親切なでんきやさんじゃないと、モノ買わないです。
大日向さんとこは、ホントよくやってくれます。うちのお父さんは大工なのに、
家の中のことは何もやってくれなくて。何かあると、大日向さんがすぐ駆けつけてくれるんです。
知り合いにも、安心だよーって勧めています。
このあたりは、いい噂もわるい噂もすぐ広まるから、いいとこじゃないとやっていけないの。
巧伍くんが来ると、コーヒー飲んでけーって、つい引き止めちゃいますね。

お店の情報

店名 SELA おおひなた 店舗詳細へ
電話 0183-62-0770
住所 〒012-1104 秋田県雄勝郡羽後町堀内字堀内33-1
※ここでご紹介したサービスは、その店独自のものです。すべての店で行われているものではありません。
  • 松下幸之助は私たちの中に生きている パナソニック100年 あなたの街のでんきや物語 街を元気にプロジェクト著 PHP研究所出版
  • パナソニックの店のうたができました
  • 街の元気屋さん 街を元気にプロジェクト著 PHP研究所出版

一覧へ戻る