パナソニック・ホームパナソニックの店トップ > お客さまと店の間に“それぞれの物語” > 「もっともっと」という話(トレンド 大城)

Vol.94
「もっともっと」という話

「もっとがモットー」です。
お客さまから返ってくる笑顔が、
何よりの励みになります。

沖縄県那覇市
トレンド 大城
大城隆

お客さまがお困りでしたら、大工仕事だって。
面倒をいとわずに頑張ると、
お客さまから最高の笑顔をいただけます。

観光客で賑わう国際通り近くに店をオープンして24年になります。それ以前は国際通り近くにあった街のでんきやに勤めていたのですが、その店が事情によって遠くに引っ越すことになりまして。それまでその店を頼りにしていたお客さまが何かとお困りになるだろうと、この仕事は未経験だった妻の協力を仰ぎながら、私が独立して開業することにしたのです。長年のお付き合いのお客さまも多く、「近くに店を開いてくれて、ありがとう。これで安心できるわ」と、こちらが恐縮するような言葉をかけていただきました。

もう何十年も街のでんきやをやってきているわけですが、私は、「もっとがモットー」。お客さまのために、「何かもっとできることはないか」「もっとお役に立てることはないか」と心がけてきました。そんな気持ちでやっていると、電気屋の範疇を大きく超えて、いまではまさに、何でも屋さん。もちろんキッチンやお風呂、トイレなどのリフォームは得意分野ですが、それ以外にも、自分にできることならと、ちょっとした大工仕事などもやりました。

たとえば、お客さまのおひとり仲本さんのお宅では、2階のベランダに、侵入者除けのフェンスを取り付けて差し上げました。それまでは目隠しもなく、泥棒でも入ったらと不安を感じられていたそうですが、見ず知らずの初めての業者さんにお願いするのも躊躇され、そのままになっていました。そのことをお聞きした私は、これぐらいなら自分でできそうだと、さっそく資材を調達して自分でつくることにしました。

ほかにも、ベランダに洗濯機を置いているお宅には、雨除けになるように、収納棚つきの木製小屋をつくって差し上げたこともあり、このときもとても喜ばれましたね。

街のでんきやさんに頼むのが安心と、
遠く離れて暮らす息子さんから、
ご実家の冷蔵庫購入のご依頼をいただきました。

地域に密着し、ひとりひとりのお客さまが求めることに、できる限りお応えしようと努めるのが、私たち街のでんきやですが、私たちの存在を知らない方々も大勢いらっしゃると思います。そんな方々のご来店のきっかけになればと、うちの店では野菜市やうまいもの市などのイベントを企画。このパナソニックの店のホームページのイベント情報コーナーにも掲載してお知らせしました。

すると、このイベント情報をご覧になったという、千葉に住む30代の男性から、冷蔵庫のカタログを送ってほしいというお電話をいただきました。沖縄にご実家があり、お父さんがひとり暮らしをされているそうで、そろそろ実家の冷蔵庫を買い換えなければとインターネットで情報集めをしていたところ、このイベント情報が目に止まり、うちの店に興味を持ってくれたとのこと。これまで、街のでんきやさんとのお付き合いはなかったそうですが、ひとり暮らしのお父さんのことを考えると、先々も何かと面倒を見てくれそうな街のでんきやに頼むのがいいのではと、電話をくださったのです。

しばらくして息子さんがご実家に帰省された折、お宅にご挨拶に伺って、冷蔵庫を提案させていただきました。お二人にお会いしながら、離れて暮らすお父さんを思いやる息子さんの気持ちにジーンとしましたし、私がいることがお父さんにとっては心強く、息子さんにとっては安心につながればいいと、心から願いました。

スタッフの大田くんは、ご年配の方々のアイドル。
若き後継ぎたちにも恵まれ、
これからも、「もっともっと」という気持ちです。

うちの店で私と一緒に働いてくれているのが、キャリア7年になる大田くんです。彼はもともとキカイいじりが好きで、でんきやという職業を選んだようですが、ご年配の方々から圧倒的な人気。若いですし、背も高いですから、天井の照明の交換などもサッと手を伸ばしてサッと済ませ、「アンタ、頼りになるわぁ」とお年寄りのハートを掴んでいます。「ちょっとヨーグルトを買ってきて」とか、「ペットボトルの水を運んで」「タンスを移動して」などの頼まれごともたびたび。あるひとり暮らしのお年寄りのお宅には、毎年冬になると電気毛布を敷きに、春になると仕舞いに伺っています。お客さまというよりも家族のような気持ちですね。

そういえば、うちの店ではお客さまのお誕生月にバースデイカードをお送りしているのですが、「家族は祝ってくれないけれど、大城さんだけは毎年祝ってくれるわ」なんて、笑いながら言ってくださる方もいらっしゃいます。

私たち街のでんきやは、買っていただいた電気製品や設備のお世話をしていくためにも、この先も店を閉めるわけにはいきません。私と同様、街のでんきやという仕事に誇りを持ってくれている大田くんというスタッフに恵まれたうえ、これまでこの仕事に関心がなさそうだった息子も、私たちの仕事ぶりを見てくれていたのか、店を継ぐ意志を示してくれました。この先も、先輩の大田くんと息子が二人三脚で、地域のみなさまのお役に立ってくれるものと期待しています。

お客さまのお話

うちは、みんなのカラオケ寄合所。
リモコンの操作がわからなくなると、「大城さーん!」にSOSです。

仲本様

みんなが集まって、よくカラオケをやるんですが、誰かがテレビのリモコンをさわると、みんなが帰ったあと、操作がわからなくなちゃって。そんなときは、すぐ「大城さーん、またリモコンがおかしくなったよー」と助けを呼ぶんです。

2階のベランダにフェンスをつくってくれたのも大城さん。トイレをアラウーノに替えたときは、床に段差があることに気づいて、つまづかないようにと段差をなくしてくれました。本当によく気がついてくれて、すっかり頼りにしています。

お店の情報

名称
トレンド 大城
住所
〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2-11-8店舗詳細を見る
電話番号
098-866-9028

近所の「リフォームが相談できる
街のでんきやさん」を探す

※ここでご紹介したサービスは、この店独自のものです。すべての店で行われているものではありません。