パナソニック・ホームパナソニックの店トップ > お客さまと店の間に“それぞれの物語” > おばあちゃんと録画の話(スマイルみずほ)

お客さまと店の間に“それぞれの物語”

vol.2おばあちゃんと録画の話

韓流ドラマ好きのおばあちゃんも、
録画の仕方を覚えたら、
テレビをもっと楽しめるのに。

うちの店もありがたいことに、昨年の地デジ化の際には多くのお客さまにビエラを買っていただいたんですが、テレビのデジタル化は済んでも、録画機はアナログのままというお宅がまだまだいらっしゃいます。
ご高齢のお客さまも多く、「ブルーレイなんて操作が難しそうで使えない」という先入観をおもちなんです。そんなおひとりに、韓流ドラマの大ファンのおばあちゃんがいらっしゃいまして。ホントは録画したい番組がいっぱいあるのに、録画は難しいと思い込んでいらっしゃる。
ぜひ録画の仕方を覚えて、韓流ドラマをもっと楽しんでほしい。そこで実際に録画を試していただくことにしました。

そのお客さまがいちばん理解しやすい
説明を心がけています。

使い方をお教えするとき、私が心がけているのは、そのお客さまが最も理解しやすそうな方法をご紹介すること。録画なんて初めてという方に、あれやこれや余分なことを言っても混乱されるでしょうから、ブルーレイディーガのリモコンを使う、シンプルな方法をおすすめしています。これなら番組表と赤いボタンを押せば録画予約完了。
韓流ファンのおばあちゃんも、「これなら自分で録画できる」とご納得。お客さまには、「めったなことでは壊れませんから、まずはどんどん使ってみてください」とお話ししてるんです。

それぞれのお宅に合った提案で、
お客さまに喜んでいただきたい。

何かお困りのことがないか、ときどきお客さまのお宅に立ち寄らせてもらうんですが、韓流ファンのお客さまもいまではご自分でスイスイと録画し、ドラマコレクションを増やされているとか。楽しんでいただいていると思うと、ホントにうれしいですね。そのうち寝室でも録画したドラマをご覧いただけるよう、「お部屋ジャンプリンク」を使ったご提案もしたいと思っています。私たちパナソニックの店は、お客さまとの信頼関係がいちばん。商品をおすすめする際も、「急がんでいいよ、納得してからで」とお話ししてるんです。私たち、日頃のお付き合いからお客さまのこともわかってきますし、それぞれのお客さまのことを考えた、お役に立つご提案をしていきたいですね。

※ここでご紹介したサービスは、この店独自のものです。すべての店で行われているものではありません。

  • 松下幸之助は私たちの中に生きている パナソニック100年 あなたの街のでんきや物語 街を元気にプロジェクト著 PHP研究所出版
  • パナソニックの店のうたができました
  • 街の元気屋さん 街を元気にプロジェクト著 PHP研究所出版