パナソニック・ホームパナソニックの店トップ > お客さまと店の間に“それぞれの物語” > 楽しくわかるお料理教室の話(日栄電器)

お客さまと店の間に“それぞれの物語”

vol.3楽しくわかるお料理教室の話

お届けしたときも、実際にお料理しながら、使い方をご説明しています。

いま調理家電って、おいしくって便利な機能がいっばいなんですが、ただ説明を聞くだけより、実際に料理しながらの方が、使い方もずっと わかりやすいですよね。そう思い、スチームオーブンレンジなどをお届けするときは、食材も一緒にお持ちして、お客さまと料理しながら使い方をご説明しています。育ちざかりのお子さまがいらっしゃるお宅なら、力ラ揚げと煮物を合わせ技で時短調理したり、シルバー世代のお宅なら、お魚を減塩コースで焼いてみたり…。よくわかると好評をいただいてはいますが、「いまは説明を受けながらだからできるけど、これからホントに使いこなせるかしら…」、そんな不安をつぶやかれるお客さまも多いんです。そんな方には、お店で開いている「お料理教室」にいらっしゃるようお誘いしています。

「お料理教室」を通して、調理家電の使い方をご案内。買ってからも安心してほしいですから。

うちの店では毎月2回、女性スタッフが中心となって、お店で「お料理教室」を開催。スチームオーブンレンジ、ホームベーカリー、IHクッキングヒーター、電気圧力なべ、フードプロセッサーなどさまざまな調理家電の使い方を、月ごとにメニューを変え、実際にお客さまに調理していただきながらご案内しています。お客様には冗談で、「うちの店で調理家電を買うと、もれなく"私"が付いてくるよ(笑)」と言ってるんですが、商品を売りっぱなしにするんじゃなく、おいしく楽しく使っていただけるよう、買っていただいたあとまでお手伝いがしたい。
せっかくのスチームオーブンレンジが、温めにしか出番がなかったら、もったいないですもの。「お料理教室」を通して、新しい使いこなし方を発見したり、使ったことのない商品をお試しいただく機会になれば、と思っています。

お客さまの気持ちまでハッピーになったら、とてもうれしいです。

「お料理教室」には、商品を買われた方も、チラシを見て参加された方もいらっしゃいますが、和気あいあいと楽しいですよ。お客さま同士が、商品の使い方やレシピを交換し合ったりと、ちょっとした街のコミュニケーションの場にもなっています。あるお客様さまは、お子さんが独立されてからは料理をつくる張り合いがなくなっていたそうですが、「お料理教室」に参加するうちに、つくる楽しみが復活したとおっしゃってくださって、うれしいですね。商品を売って終わりというんじゃなく、生活そのものを豊かに、気持ちまでハッピーにする街のでんき屋でありたいですね。

※ここでご紹介したサービスは、この店独自のものです。すべての店で行われているものではありません。

  • 松下幸之助は私たちの中に生きている パナソニック100年 あなたの街のでんきや物語 街を元気にプロジェクト著 PHP研究所出版
  • パナソニックの店のうたができました
  • 街の元気屋さん 街を元気にプロジェクト著 PHP研究所出版

一覧へ戻る