パナソニック・ホームパナソニックの店トップ > イベント情報 > リニューアルオープンした街のでんきやさんに行ってきました!(てくのハウスMAKINO宇治本店)

リニューアルオープンした街のでんきやさんに行ってきました!

リニューアルオープンした街のでんきやさんに行ってきました!

2018年3月1日。
京都府の「てくのハウスMAKINO宇治本店」が
リニューアルオープンしました。
新しいお店のコンセプトは
“この街の母屋のような存在でありたい。”
お店のみんなでアイデアを出し合った、
これからの街のでんきやさんへ行ってきました。

Day.1 お披露目セレモニー

午前9時、小雨が降る中、
たくさんの関係者が見守る前で、
てくのハウスMAKINO宇治本店は、
30年ぶりの店舗改装を遂げ
新しい一歩を踏み出しました。

会長(創業者)、マネージャー(前社長)の
跡を継ぐ、3代目の牧野伸哉社長。
お客様はもちろん、共に働く仲間想いのやさしい心と、
これから自店が向かうべき方向へ漕ぎ出す
強い意志が伝わってきました。

「この街の母屋のような存在で
ありたい」

困った時は頼ってもらいたい。
用事がなくても顔が見れたら嬉しい。
一緒に過ごす何気ない時間が
一番のしあわせ。
そんな存在でありたいと思います。

マキノデンキには色々な個性が
揃っています。
今も人の絆を大切にしています。

こんな時代だからこそ、マキノデンキは、
この街の人たちの「母屋」を目指します。

店内の様子

店内でまず目に飛び込んでくる黒板の柱。手書きならではの温もりが感じられます。
京都らしさを意識した店内の装飾もステキ。間接照明で、くつろげるお店を演出!
木をふんだんに使った店内は、おしゃれな家具屋さんみたい!
商品のレイアウトも、とてもスッキリしてて、見やすさ抜群でした。
商品を壁に沿って陳列しているので、とにかく店内が広くて快適なんです!
お店の入り口では、ナショナル坊やがお出迎えしてくれます!

Day.2  新装開店

お披露目セレモニーの2日後、
“新生”てくのハウスMAKINOの新装開店。
朝からお客様が次々とご来店され、
新しくなった店内を興味深くすみずみまで
ご覧になられていました。

会長、マネージャー、社長、スタッフの方々みんな、
お客様にとても頼りにされていることがよくわかりました。

イベントの様子

話題のロティサリーグリル&スモークの実演試食会。チャーシューがジューシー!
お子様も楽しめる輪投げゲームや出店も。ご家族でお越しになるお客様が多かった。
こちらはジアイーノの実演ブース。カレーのニオイも消えるほどの脱臭力に驚き!

お客様の声

MAKINOさんとは長いおつきあいです。キッチンもお風呂も、MAKINOさんでリフォームしてもらいました。若社長は、やさしくてしっかりもしている。私らも息子のように思っていますよ。

お店が広くなってバギーのまま店内を見られるので助かります。何かあればすぐに来てくれるし、商品のアフターフォローもしっかりしてくれるので、全てを考えると値段も高くないと思います。

レンジを買いました。MAKINOさんは良くしてくれる。年を取ると困りごとも増えていくけど、相談ごとも出来るし、丁寧に教えてくれて頼れる存在です。

私の祖父の頃からのお付き合い。今日は甥っ子を連れてきました。大判焼きがおいしくてお気に入りなんです。家電製品は何でもMAKINOさんで買っています。

なが〜いおつきあいをさせてもらってますよ。家のことも安心して任せられるし、商品のことなんかもちゃんと説明してくれるから納得できますね。

新しいお店は、なんか開放的になっていい感じだと思います。MAKINOさんとは、親戚のような付き合いをさせてもらってます。

都道府県から探す

フリーワード