パナソニック・ホームパナソニックの店トップ > 未来を描く、後継者たち > 卒業し、活躍する先輩たち

確かな知識と技術でお客様に安心感をお届けしたいです 確かな知識と技術でお客様に安心感をお届けしたいです

44期生隅田 一輝
アンド・スミダ(石川県)

商学院に入塾したきっかけは?

父の代で店がなくなるとお困りになられる方も
いらっしゃいます。そんなお客様のためにも、
店を継ごうと考えて商学院に入りました。
電器屋として知識・技術はもちろん必要ですが、
「礼儀正しい人間性」「人を思いやる気持ち」も大事です。
商学院で高めた「人間力」は、お客様との
信頼関係づくりなど、日々の商売で役立っています。

商学院へ入塾して良かったことは?

お客様視点で商品やサービスを提供できるようになりました。
常に感謝の気持ちを持つことや、
相手の立場で物事を考えること。
そんな人間の根本みたいなところは、
商学院でしか学べないと思います。
人として成長できたのが一番良かったです。

現在、店ではどのような活動を?

営業と工事、それにホームページや「かわら版」の制作など、
広報活動を担当しています。
「かわら版」は2ヵ月に1回のペースで発行し、
お客様にお届けしています。
紙面にはスタッフ紹介や日頃の出来事などを掲載。
訪問時には「あんちゃん、あの新聞見たよ」
「従業員さんの子ども大きくなったね」と声をかけていただけ、お客様との絆が強くなっていることを実感しています。

自分なりのモットーはありますか?

「無理とは言わない、無理と断らない」がモットーです。
お客様からご相談があれば、どんなことでもお受けします。
ウチだけで対処できなければ、
ほかの協力会社さんに頼んででもなんとかする。
これをいつも念頭に置き、お客様のことを考えて
お困り事を解決するよう努めています。

将来、どんな店にしたい?

お客様から愛される店、そして両親や従業員が
楽しく笑顔で仕事ができる店にしたいと考えています。

理想とするのは、街でお客様と出会ったら、
この前はありがとう」「スミダさんなら安心して任せられる」
などと言ってもらえるような店です。

  • 『アンド・スミダ』店舗情報へ『アンド・スミダ』店舗情報へ

※松下幸之助商学院は、パナソニックの「街のでんきやさん」の後継者を育成する学校です。